ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛のデメリット【永久脱毛の前に必読!】

ヒゲ脱毛を考えている男性、学生さんも多いと思いますが、ヒゲ脱毛はどこで施術しようとお考えですか?

クリニックで施術しようと、料金やプランを比較している最中でしょうか?

エステサロンのフラッシュ脱毛ではなく、ヒゲ脱毛をクリニックの医療レーザー脱毛でやるとなると永久脱毛となります。

ヒゲ脱毛にはメリットもたくさんありますが、デメリットもあります。

髭について困りごと、コンプレックスなどがある方の場合には、勢いでヒゲ脱毛に申し込みする方も多いかもしれません。

しかしデメリットとメリットを比較してみることも、クリニックで髭を医療脱毛をした後に後悔しないために大切です。

この記事では、ヒゲ脱毛のデメリットについて解説をしています。

ヒゲ脱毛を検討されている方は、ぜひ参考にしてみていただければと思います。

後悔しないためにもいヒゲ脱毛のデメリットを知ろう!

ヒゲ脱毛で後悔しないために

ヒゲ脱毛をして後悔する方も少なからずいるようです。

後から、

ああ、髭の永久脱毛をして失敗した・・・

とならないように、ヒゲ脱毛のデメリットをぜひお読みください。

髭がもう生えてこないことで生じるデメリット、そしてヒゲ脱毛の施術についてのデメリットと合わせてご紹介します。

ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲ脱毛のデメリットとして大きなメリットにもなりますが、後悔し始めると大きく後悔するデメリットがありますので、それから見ていきましょう。

髭が二度と生えてこなくなる

ヒゲ脱毛のメリットでもあり、デメリットでもあるのが髭が二度と生えてこなくなることです。

医療レーザー脱毛の施術回数が増えるに従い、髭が薄くなり毛が生えてこなくなります。

ツルツル(永久脱毛が完了)になると、髭がもう二度と生えてこなくなりますから、将来的に年を髭を生やして渋くしたり、髭のデザインカットなどをすることはできません。

年齢に応じて髭がないことを後悔するケースもあるようです。

対策:ヒゲの濃さを調整してもらう

髭が濃いことに悩んでいたり、青髯にコンプレックスを持っている場合でヒゲ脱毛をしたい方は多いと思います。

しかし、ツルツルに永久脱毛すると、将来的に後悔するかもしれない・・・といった気持ちがある方は、ヒゲの濃さを調整してくれる医療クリニックを選ぶといいでしょう。

ある程度薄くしたい、完全にツルツルにはしないでヒゲ脱毛をしたい、といったことを相談すれば対応してくれるクリニックも多いです。

数回、医療レーザー脱毛をしていくうちに、やっぱりヒゲの永久脱毛はしないでおこう、と思った場合もその時点で早めに相談されることをおすすめします。

ヒゲ脱毛の施術は痛い

医療クリニックでは、

・医療レーザー脱毛
・ニードル脱毛

を施術することができますが(施術内容はクリニックにより異なります)、どちらも痛みを伴う施術です。

医療レーザー脱毛の痛みですが、よく輪ゴムでパチッと肌を弾かれたような痛み、と言われます。
(最も痛みを感じるのは鼻下です)

ニードル脱毛に至っては痛みで泣いてしまう男性もいるとか。

対してエステサロンのフラッシュ脱毛はそこまで痛みを感じません。
(全く痛みがないわけではありませんが、十分我慢できる痛みとなります)

対策:ヒゲ脱毛の痛みを軽減するには麻酔を使う

痛みには個人差がありますが、

痛いのは苦手、出来れば痛くないヒゲ脱毛をしたい・・・

という男性も多いと思います。

あえて痛みを感じたい!という方もいるかもしれませんが・・・少ないのではないでしょうか。

医療レーザー脱毛、ニードル脱毛を施術できるのは医療機関のみですから、麻酔の使用を相談することが可能です。

有料にはなりますが、笑気麻酔などを利用できるクリニックは多いです。

痛いのはイヤだ、という方は麻酔を使用しての施術をおすすめします。

ヒゲ脱毛の間は、日焼けできない

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛でヒゲ脱毛をしている間は、日焼けをしてはいけません。

日焼けした黒い肌にも脱毛機が反応してしまい、肌が炎症を起こしたり、火傷などをトラブルにつながる可能性があります。

もしくは日焼けした肌にダメージを与えるのを避けるために、レーザーの出力を下げると脱毛効果が薄れてしまいます。

ヒゲ脱毛をする場合、日焼けは避ける必要があります。

対策:ヒゲ脱毛を始める時期を秋からにする

ヒゲ脱毛を開始する時期を、秋からにする方法があります。

とはいえ、夏以外の時期であっても日焼けはしますから、日光を長く浴びることを避けるといったことは必要です。

対策:日焼け止めクリームを塗る

日焼け対策として、日焼け止めクリームを塗る方法も効果的です。

長い期間がかかるヒゲ脱毛では、どうしても夏場も脱毛することもあるでしょう。
その時期には、日焼け止めクリームを利用するのはおすすめです。

ヒゲが濃い、多いとヒゲ脱毛の料金が高くなる

ヒゲが濃い、多い場合には施術回数も多くなります。
その分、費用が増えてしまいます。

エステサロンで施術するフラッシュ脱毛は痛みはあまり無いですが、脱毛効果は弱いです。
そのためヒゲを薄くするために回数が必要となります。

ヒゲが濃い方は、さらに多くの回数が必要となってしまいますので結果として料金が高くなります。

総合的にヒゲ脱毛にかかる料金を安く抑えるには、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛などを選択されるのがおすすめです。

フラッシュ脱毛よりも半年~1年など短い期間で脱毛を完了する方が多いです。

脱毛に通うのが面倒になる可能性

ヒゲ脱毛を完了する期間ですが、ヒゲが薄い方でも1年はかかると考えておいた方が良いでしょう。

毛周期に合わせて施術を行いますので、2~3ヶ月に1回のペースで通うことにはなりますが、どうしても面倒に感じられることもあると思います。

都合の良い日に予約が取れないときなどもあるかもしれません。

最初のカウンセリングで、ヒゲ脱毛が何回くらいで終わりそうかを相談して予定を考えておくと良いでしょう。

また、永久脱毛をするのか、ある程度減耗したら施術を止めるかでも最適なプランが変わってきます。

最もコスパの良いプランでヒゲ脱毛ができるように、カウンセリングで相談することをおすすめします。

乾燥肌になりやすい

ヒゲ脱毛をすると毛穴が閉じてしまうため、汗が出にくくなってしまいます。

汗は肌を保湿する役割もありますから、汗が出なくなることで肌が乾燥しやすくなります。

特に気をつけるべきは冬の乾燥時期です。

乾燥肌になると肌トラブルも起きやすくなりますし、あまりに肌の状態が悪いと施術が出来ない恐れもあります。

対策:保湿をしっかりと行う

ヒゲ脱毛の施術を行った後は、肌の保湿をしっかりと行うことでケアすることができます。

化粧水に保湿クリームなどを使って、肌が乾燥しないようにすることが大切です。

クリニックで肌の保湿について相談するのもおすすめです。

医療機関でもあるクリニックは、施術後のケアやトラブル時にも相談することができる安心感があります。

毛が太くなる現象

稀にですが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛によって毛が太くなる現象(硬毛化)が起きることがあります。

脱毛によって毛自体は減っているのに太くなってしまう毛があると、施術にも痛みを伴います。

ニードル脱毛は毛の硬毛化を防ぐことができます。

また、もし硬毛化が起きてしまっても根気よく施術することで脱毛をすることは可能です。

ヒゲ脱毛のデメリットをカバーして脱毛する、おすすめクリニック

ヒゲ脱毛のデメリット、

  • 料金
  • 肌トラブル
  • 施術時の痛み

などをしっかりとカバーしてヒゲ脱毛をしてもらうには、脱毛の専門医師がいる、医療機関であるクリニックがおすすめです。

その中でも、男性専門クリニックでヒゲ脱毛を行っているゴリラクリニックをおすすめします。

スタッフの対応が丁寧という口コミ・評判も多く、料金も安め。
肌の弱い方、痛みを軽減したい方向けに麻酔も各種用意されています。

コース終了後もアフターフォローとして「追加1回100円で3年間、脱毛し放題」とコスパの良さもありおすすめです。

何度も施術を受けて、確実にヒゲ脱毛をしたいと方にはゴリラクリニックは安上がりのクリニックになるといえます。

おすすめのヒゲ脱毛クリニックです。

完全予約制なのも、いまの状況下には合っていますよね。

ゴリラクリニックの公式サイトをぜひチェックしてみてください。

無料オンライン相談もあります。

現時点でコスパの良いヒゲ脱毛ができるのは、

 ⇒湘南美容クリニック

です。

湘南美容クリニックのヒゲ脱毛は今は3部位・6回で30,350円です。

長期で考えれば、ヒゲ脱毛をした方が経済的にはお得、大きく節約できるといって良いでしょう。いするなど、方法はいろいろあります。

ヒゲ脱毛 関連記事

ヒゲ脱毛にはデメリットばかりではなく、メリットも多いです。

こちらの記事では、ヒゲ脱毛のメリットを解説しています。
こちらもぜひ合わせて、ご覧になってみてくださいね。

ヒゲ脱毛のメリット

青髭、濃い髭の悩みにさよなら!ヒゲ脱毛にはメリットがたくさん!

青髭、濃い髭の悩みを解消するには、最終的にいきつくのはヒゲ脱毛です。
医療機関で受けるヒゲ脱毛なら、永久脱毛が可能です。

ヒゲ脱毛のメリットをご紹介しています。

-ヒゲ脱毛
-

© 2021 男のツル肌【メンズ脱毛/ヒゲ脱毛/医療脱毛の情報サイト】