ヒゲ脱毛で後悔しないために

ヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛は痛くない?痛い場合は軽減する方法を

ぶっちゃけ、ヒゲ脱毛は痛いです。

特に痛いのは鼻下!
ということは、ヒゲ脱毛について調べたことがある男子なら皆さんご存じではと思います。

ヒゲ脱毛したいけど、痛いのはイヤだな・・・

とヒゲ脱毛したいのに脱毛しにいけないで悩んでいる男子も多いのではないでしょうか?

ツルツルになれば髭を剃る時間も不要、朝の準備もとても楽になります。
それに、髭剃りのせいで肌が荒れてしまう方も多いですよね。

ヒゲ脱毛をすることで、肌荒れもなくなり肌質がキレイに改善する人も多いですよ。

ヒゲ脱毛は痛いです。
でも、ちゃんと痛くないように施術可能な医療クリニックがたくさんあります。

またどうしてもヒゲ脱毛で痛いのはイヤだ!
といった場合には光脱毛をおすすめします。

この記事では、痛いヒゲ脱毛を軽減する方法について、また痛くないヒゲ脱毛をしたい男性向けに光脱毛についての解説も掲載しています。

ヒゲ脱毛は痛い?痛くない?

ヒゲ脱毛は痛いです。

比較的、痛い部位(あご、首、鼻下など)を脱毛しますので、余計に痛みを感じることになります。

ただし痛いですが、痛みの程度は「どのヒゲ脱毛の方法でやるか」によっても違ってきます。

  • 医療レーザー脱毛
  • 光脱毛
  • ニードル脱毛

と3つあります。

痛みのレベルと表すと、

⇒ ニードル脱毛 > 医療レーザー脱毛 > 光脱毛

となります。

ニードル脱毛は他の脱毛方法と比較して、痛みのレベルは非常に強く、耐えられないほどの痛みを受けた、という口コミも見ることがあります。

ヒゲ脱毛にニードル脱毛を行う場合、必要があってする男性が多いのだと思いますが痛みに関しては覚悟しておかれた方が良いでしょう。

今のヒゲ脱毛の主流ですが、医療クリニックで医療レーザー脱毛を行う方法です。

医療レーザー脱毛を行う際には痛みを軽減する方法が導入されているクリニックも多いので、痛いのが心配な方はクリニックに相談することをおすすめします。

ヒゲ脱毛をしたいけれど、脱毛で痛いのはどうしてもイヤだ・・・といった方は、光脱毛がおすすめです。

脱毛のための施術回数は増えてしまいますが、痛みは少なく脱毛することが可能です。

ヒゲ脱毛で痛い部位

例えば、メンズ脱毛の中でも痛い部位はいくつかありますが、ヒゲ脱毛で施術する部位はかなり痛みを感じやすい部位となります。

  • 鼻下
  • あご、あご下、首
  • ほほ、もみあげ

といった部位は特に痛みを感じやすいため、麻酔なしでは無理、といった方も多いです。

特に痛いのは鼻下・・・

ヒゲ脱毛、特に痛いのは鼻下!ヒゲ脱毛が痛い理由

ヒゲ脱毛の中でも特に痛い部位は、鼻下です。

鼻下の脱毛がなぜこんなに痛いのかというと、

  • 毛が密集していること
  • 皮膚が薄く神経が刺激されやすい
  • ヒゲが太く、深く生えているためレーザーの出力も大きくなる

といった理由が挙げられます。

鼻下の脱毛の際、痛みで泣いてしまったといった方もいます。

痛みに弱いことを自覚されている方は、覚悟して施術を受けた方が良い部位と言えます。

ただし、鼻下は範囲が狭いので他の部位の施術と比べて、短時間で終わります。
必死に耐えることが必要です。

ヒゲ脱毛の痛みを抑える方法

痛いヒゲ脱毛ですが、痛みを抑える方法があります。

痛みを確実に軽減する方法は麻酔です。

麻酔についてはヒゲ脱毛を検討しているクリニックがあれば、事前に実施可能かどうかを調べておかれることをおすすめします。

また、メディオスターを使用する場合も他の医療用レーザーよりも痛みを抑えることができます。

メディオスターを導入している医療クリニックを選んでヒゲ脱毛をすることも、痛みを軽減するためにおすすめの方法です。

麻酔を使ってヒゲ脱毛の痛みを軽減

医療クリニックでは麻酔を使ってもらうことができます。

  • 笑気麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 局所麻酔注射

などがありますので、痛みが心配な方は事前に相談してみてください。

笑気麻酔は、吸引マスクで亜酸化窒素を鼻から吸い込む麻酔です。

脳の働きを抑え、感覚を麻痺させて痛みを緩和さてくれます。

ただし、マスクをしているときだけ効果が現れるという特徴があります。
そのため、施術中は吸引マスクの装着が必要です。

鼻下の脱毛をする際には、マスクを装着できないため笑気麻酔を吸い込んで効果がでている間に施術をする・・・といったことになりますが、最後の方が時間切れで痛みを感じることになるケースが多いようです。

麻酔クリームは施術する箇所に塗り、痛みを和らげることができますます。

麻酔は別途料金が必要なこともありますので、確認してみてください。

メディオスターを使てヒゲ脱毛をする

メディオスターは蓄熱式のダイオードレーザーを搭載した医療脱毛機です。
(別名SHR脱毛)

軽減されてはいますが、痛みはあります。

連続してピリピリという小さな痛みはありますが、YAGレーザーやアレキサンドライトレーザーと比較して痛くないため、導入するクリニックが増えてきています。

光脱毛をしてから医療レーザー脱毛に切り替える

ヒゲ脱毛が痛い理由の一つは、毛が密集しているから、ということもあります。

そのため、痛みの少ない光脱毛をしてヒゲを薄く、細くしてからレーザー脱毛に切り替える方法もあります。

費用は高額にはなりますが、乗り換え割を用意しているクリニックもあります。

痛みを抑えてヒゲ脱毛をしたい方は、こうした方法もおすすめです。

光脱毛(フラッシュ脱毛)でヒゲ脱毛をする

ヒゲ脱毛をする方法の中で、最も痛くないのが光脱毛です。

医療レーザー脱毛と比較して、照射する光が弱いため施術回数は必要ですが、痛くない脱毛をすることができます。

ただ、一回ごとの施術費用が安く済むメリットもありますので、ヒゲ脱毛に通う期間、予定される総合的な料金などを比較して、ヒゲ脱毛の施術方法を決められると良いでしょう。

光脱毛では永久脱毛はできませんので、永久脱毛したい方は、途中から医療レーザー脱毛に切り替えることが必要になります。

ヒゲ脱毛、痛いのがイヤなら光脱毛がおすすめ

ヒゲ脱毛の主流は医療レーザー脱毛といえますが、どうしても痛みはあります。

そのために麻酔を使えるクリニックを選ぶというのも手ですが、麻酔もちょっと怖い、といったような場合には光脱毛がおすすめです。

光脱毛も全く痛みが無いというわけではありませんが、「チクッ」とした痛みで、十分我慢できる範囲の痛みという体験談が多いので、無理なく受けられるのではないでしょうか。

ほとんど痛くなかった、という方もいます。

ヒゲ脱毛は基本、痛い。まとめ

ヒゲ脱毛はどの施術方法を選んでも痛みはあります。

とはいえ麻酔も使ってヒゲ脱毛をしてもらうこともできますので、痛みに弱い方、不安がある方は事前に相談されることをおすすめします。

笑気麻酔などオプションも充実しているのが、ゴリラクリニックです。

男性専門の美容クリニックとして、ヒゲの脱毛に関してはトップクラスの実績があります。

-ヒゲ脱毛
-

© 2021 男のツル肌【メンズ脱毛/ヒゲ脱毛/医療脱毛の情報サイト】